almar.の徒然


by almarsoup

I love you my Boo.

心の友の結婚式でした。

幸せいっぱい。しか言葉が出てこない。

ねえ色々あったよね。この日を迎えるまで。
全部じゃないけどさ。
少しだけ知っているよ。

色々な思いを共有したよね。
なんでだろう。なんでだかわかんないくらい。
あなたの気持ちがよくわかることが多かった。
あたしの気持ちを分かってくれることがたくさんあったよね。

胸が詰まります。

そんなことしか言えないくらい。

胸がいっぱいだったなあ。

隣に座った彼は。
よく考えたら高校生から知っていて、ずいぶん長い間友達だ。
年下だけど、そんな風に感じたことはなかったけれど。
いつのまにこんなに大事な人になったんだろう。
ってくらい。
昨日は心が近かった気がした。

それもこれも彼女のお祝いをするっていう場で、二人で泣いたりなんかしていたものだから。
いい日であった。

夜にも実はいいことがあったりして。

幸せすぎて今死んでもいいって。
まったく思わない。

幸せすぎて今は死ねない。
そんな風に思った。
[PR]
# by almarsoup | 2014-02-17 05:04 | かほりの日記

なんだかんだ

またあたしとあたしの言葉を褒めて、愛しんでくれる人と近付いてしまった。
あたしこういう人と一緒にいるとわくわくしてもっともっとって欲張りになってしまう。

しかしまだあたらしいお話を書ける気がしない。
これは昔の傷とかせつないかなしいの話ではない。

満たされてしまっている。
あの温かい(あつい)場所を与えられてから、なにもかもが満たされてしまって。
欠けたものを埋めるように言葉を生みだしたあの頃へはもう戻れないのだと知る。

自分をよく見せたくて、小さな才能を磨きあげておおきなおおきなものへ見せようと頑張って。
疲れてしぼんだ。

きっと生まれて28年間今が一番幸せだ。

仕事もあたしも充実して楽しくて、未来もしっかり見通せる場所にいる。

せめてお話上手なお母さんになりたい。
それくらいの言葉は持ち合わせていたい。

その子を主人公にしてお話をしてあげてその晩夢に見れるようなそんな言葉をあげたい。

どうぞ枯渇しないで。
あたしの脳内のたからものたち。

もうあの場所に戻りたくはないけれど。
もらった言葉はいつまでもあたしのものだ。
[PR]
# by almarsoup | 2013-12-03 05:14 | かほりの言葉

ないしょのはなし

今一番楽しみなのは、バレンタインデーです。
学校中で一番チョコレートをもらえるはずだからです。(行く末はデブ)
でも本当は、毎年恒例のあたしのチョコレートを楽しみにしてくれてる二人の祖父に美味しいチョコレートを届けることで彼らへの愛情を示すことができるのが嬉しいことです(ホワイトデーのお返しはしっかりもらう)
そしてないしょの話としては、あたしが年間で一番の愛情をそそいで、おめでとうとありがとうを言える日だからです。
想像を超えて喜んでくれたりすると、照れくさくてちょっとそっけなくしてしまうのだけど。

チョコレートってさ、絶対女性の方が好きな人多いのに。
あげなくちゃならないんだろう。

とかいってalmarsoupには毎年あげてる。まめなあたしです。

3年前のあたしと今のあたしが対談したら、泣きながら大ゲンカ間違いないけど。
お前が幸せだと思うなら、それでいいよ。
がんばれ
っていうね。少なくとも今のあたしはね。


あたしの大好きな40人を手放さなくちゃいけない日が近くて、最近寝る前少し寂しい気持ちになる。
[PR]
# by almarsoup | 2013-01-28 01:55 | かほりの日記

お誕生日おめでとう

もう何度目になるかわかんないけど、almarsoupでお誕生日お祝いしてもらいました。


オーストラリアとか文化祭とかであたしが時間なくて、9月生まれのあきらさんとしおりと一緒に。


セカンドアルバムの話をしたり、サプライズで好きな女の子達がいきなりきたり。

嬉しくて、一日にやにやしてた。

そのあとみた「ヴァンパイヤ」は今でも血になって、あたしの体内を駆け巡るようだ。

血がぶわってなるアルバムを作りたいな。

これからのalmarsoupもあたしもよろしくお願いいたします。

愛しい人たち。
[PR]
# by almarsoup | 2012-09-23 18:39 | かほりの日記

I hate YOu

自慢にもなんにもならないが、人を嫌いになることがあまりない。

職業柄、人を叱ったり、腹を立てたり、泣いたり、笑ったりが人並み以上に多いあたしだけれども。

嫌い
に行き着く人などいない。

ほとんどね。

たまにいると、自分に少しがっかりする。

ずっと前に吐き出した
「出会った頃から気持ちが変わらないまま」だったあの人は、元気だろうか。
「興味」と「責任」のみの関係は最初から最後まで辛いばっかりだった。

そういう意味だったけど、世界で一番素敵な人の気持ちを傷つけて誤解させてしまったとき

嫌いになったな。

人のせいにしちゃいけないのになあ。

一番自分らしく呼吸をしている今となっては、一番滑稽だったのはあの時のあたしだなあ。

今日も地球の平和は守られました。
あたしはなんにもしなかったけど。

でもあたしを必要とする人たちだけ、幸せにしてあげることには成功しました。

それだけでよかったんだ。
それだけでよかったことが、今ようやくわかった。

あなたが生きていることで幸せを感じる人がいるならば、あなたは生きていかなければならない。
今でも救われているのです。
[PR]
# by almarsoup | 2012-09-12 01:12 | かほりの言葉

枯れた言葉たち

頭の中の言葉が枯れてしまったように感じる
毎日うちの子達に向けて贈る言葉は、生まれてくるけれど
自分のためだけに表現する言葉が、湧き上がってこない
あたしはきっと満たされてしまったんだな
まだまだ自分の理想に向かって、進んでいく気力も体力もあるのに
答えが無くてぽっかり空いた穴のようなモノを言葉で埋めてしまおうと
ぐるぐる悶々と考える夜はここ一年ない。
1年くらいと言えば、ちょうど心穏やかに寄り添える関係を得た年月だし、
不安を言葉で覆う必要がなくなったのかもしれない。
でも自分の信じる音の後ろでドラムを叩くとき、まだ自分の中で何かが沸き上がるのを感じるので
もう   あたしの  手の中に
残っているものなんて
そう多くはない。

手に皺を刻んで
大切に大切に
生きていこう

ちっぽけだってつまらなくはない
Almarsoupの2NDアルバムを早く作りたいな。
[PR]
# by almarsoup | 2012-08-30 05:58 | かほりの言葉

離れていった人へ

あたしの顔を見たかったと言って遠いところから、ちょっとの時間のためにわざわざ会いに来てくれる人の背中を見送って、申し訳ない気持ちと幸せな気持ちで胸が詰まった。

不必要なものなんてなかったはずなのに、ふと思い出すことでなにかを消してしまいたくなるときがあって。
今の自分は間違いなくあの時の苦しい自分のおかげで、楽に呼吸をしているのに。

間違っていた。

そう言ってしまうことだけは、避けてきた。

でも間違っていたんだ。

あたしがあたし以外になろうとした日。誰よりも苦しかったのはあたしだった。

あの時言ったことも、したことも嘘じゃないけど。
口に出した瞬間から、まるで自分のものではないようで。
ああ、これは違う。
と気づいていた。

違和感。

間違っているときは必ず違和感を感じるようにできているのです。

少し寂しいけれど、あの場所に長居をせずにひとりぼっちの部屋に帰る時。
違和感はない。

ひとりぼっち
の響きでさえ、あの頃とは全く違うもので。

そんなに辛いものではない。

だって本当に大切なものは、あたしから離れたりしないんだもの。
ほらほら、ここだけは変わらずに傲慢なままです。
君は本当に自信満々で、自信がない人間の気持ちなんかわかりっこないよ。
そう言われてしまうことは、怖いけど仕方がない。

だって離れたものがいくつもある今だからこそ。
自信なんかなくたって。
離さないし、離れないし、いなくなったりしない。
それが何かだけは、なんとなくわかるのだもの。

あたしが作り上げた全てがあたしの守りたいものです。
[PR]
# by almarsoup | 2012-08-23 05:42 | かほりの言葉

もっと遠くへ 

almarsoup祭りでした。Gaoスペシャルでした。
担任の先生になってから、メンバーには迷惑かけまくりなのですが、リハには参加できず。
悔しい。
でもうちのクラスの40人が可愛くて仕方がないので、とてもほってはいけない。
「ごめん」というとうちの隊長が怒るので言わないけども、(実際は言ったから怒られたんだけども)

とにかくスペシャルな日でした。
いつもより更にalmarsoupのメンバーが愛しかった。

今ここで音楽ができているのは、奇跡なんだと思い知った。
Gaoさんの全力のあたしたちに対するエールを一身にうけて、身体が火照る気がした。

ライブの時もほんとに背筋がピンとした。
下手だけど、きっと届いた。
CDも手にとって買ってくれた人たちがいた。

たった104枚だけど。
あたしたちの5年間。
ベースは今のメンバーではないけど。
その時の想いも、そのあと超えたものも
そんなはずないけど、CDの中には入っている気がするのです。

最後のGaoさんのライブで、隣にいる大切な人が泣いた。
抱きしめるのも、声をかけるのも、なんか違う気がして、
黙って寄り添った。あたしより少し背の高いその肩を抱いた。

いろんなことを思い出していた。
あたしはあたしなりに。

あたしたちの音が途切れませんように。

7月14日はalmarsoup企画ライブです。
5周年です。

どうか 一緒に 輝いて
[PR]
# by almarsoup | 2012-06-04 04:03 | かほりの言葉

3月8日のことについて


まあ黙って付いていくタイプではないので。
自分のことを棚に上げたけど、多分あたしも彼に対して結構厳しいんだと思う。

厳しくできるようになったのは、関係がしっかりしてきたから。
多くを求めてしまうのは、一緒に成長していきたい存在だから。
でも心がきちきちになることはないのは、彼の人柄なんだと思う。

さて、この夏7月6日にalmarsoupは5歳になります。
企画を考えています。

みてろ。度肝抜かしてやる。

あたしたちは、毎月ライブをやるバンドではないけど
お遊びバンドではない。

続けることで見える世界にいつかあたしはたどり着くから。
どうぞこれからも松本葦立それからalmarsoupよろしくお願いします。

                    almarsoup Dr かほり
[PR]
# by almarsoup | 2012-03-14 05:31 | かほりの日記

かみさまのいうとおり

神様、どうかお願い

を叶えてくれてありがとう

またすぐ来るよ

すぐ

すぐじゃなくなる場所へ
君は行くけど

一年間で何回会えるか数えられるくらいになっちゃうかもしれないけど

でもさ

変だな

それくらいしか会えてなかった一年も確かに存在するのに

寂しいと嬉しい

混ざり合って涙になったら
それをラムネのビンに入れて、かわいいビー玉を飼おう

いつかぴょんぴょんはじけ飛ぶようになる

そんな奇跡を起こせるのは君しかいないよ
君しかいないよ

あたしは緊張の糸がゆるんで

溶けてしまうのではないだろうか。

しっかり捕まえててくれる人がいるから大丈夫
今ならあたしは、全身全霊で全体重をあずけられる人を知っている。
[PR]
# by almarsoup | 2012-02-22 05:21 | かほりの言葉

どんなに大人になっても

意地悪する子がいたって最後は、仲良くなれたよ
どんなに大人になっても僕らはアトムの子供さ

涙目でも負けない。

だって一昨日は葦立バンドが楽しすぎたし
昨日は佐々木まな美とシンクロ率400パーセントだし

きゃほくん、音楽は逃げじゃないよ
とまなみに言われたけど

逃げじゃない 活力だ。

陽の光のような
元気玉のような

エネルギーを爆発させるの

アトムの子供さ。
[PR]
# by almarsoup | 2012-02-21 05:08 | かほりの言葉

飛びたい金魚

昔、気にとめなかったものが
今の幸せの定義だって

気づいた時から何か変わるのかな。
変わったのかな

今おきている変化は、劇的なものではなく
緩やかで穏やかな
Change

あの時感じた化学反応は、もうあたしの体の中では起きないのかもしれない

バチバチしゅわしゅわゴワゴワぐぅおー

体のなかから湧き出たものはもう枯れてしまったのかもしれない。

でも花が枯れて、そのあとに実が成るのだとして
まだ熟れていない

青臭いあたしの果実を
いつか誰かと分け合って
笑おう。一緒に

もうお話がうまく書けない。

2作目の絵本を明日小さな親友から受け取る。

泣いちゃったらどうしような。
[PR]
# by almarsoup | 2012-02-18 04:23 | かほりの言葉

去年のいまごろ

去年の今頃は、あたしはひとりぼっちで

働き先も見つからず

ただ毎日夜寝る前に泣いてた。

一年経って、隣にいる人

見えているもの

認められる場所

休日の過ごし方

心配事

夜寝る前に泣く理由

全てが変わってしまうなんて、知らなかったのよ

でも

あたしはあたしで

去年のあたしがいたからこそと

わかっているよ

そう簡単に

全て決められていたのだと

前向きに捉えられることばかりではないのだけれど

来年も今年の『大切』『愛しい』とそばにいたいと思うのです。
[PR]
# by almarsoup | 2012-02-17 05:51 | かほりの言葉

Save the world

生まれて来る前から愛されていたので、大声をはりあげて生まれてきた。
愛されることが当然だ。
白黒の世界に色を付けるようなそんな泣き声だと自分では思っていた。

さあ、今日からは
あたしがいなかった世界から、あたしが存在する世界へ。
そんなふうにしてあたしは、身の程知らずで生まれてきた。

そうして小さい頃から見る夢は。
自分が世界をつなぐ夢。

自分には世界を救う力がある。
自分には世界を変える力がある。

大言壮語も夢の中では、
あたししか知らないことだから。

大人になってしまって
まだ時々みる
自分が世界をつなぐ夢

自分には世界を救う力などない。
自分には世界を変える力などない。

知ってしまった今は。
目覚める前から流れる涙だけは、あたしが生み出したものなのです
[PR]
# by almarsoup | 2012-02-03 05:24 | おはなし

おはよう

眠ったまんまの女の子
楽しい夢から帰ってこない

眠ったまんまの女の子
怖い夢から戻って来れない

ねえおきて。
ねえ
一緒に遊ぼうよ。

ねえおきて
ねえ
大丈夫
ここにいるよ

今日も世界の平和は守られました。
君が息をしてるから。
今日も世界には朝がきました。
君が目を覚ますから。

本当に強いのは誰だ。
本当に戦っているのは誰だ。

気持ちとか想いとか
大丈夫
揺るがない。

自分の中の芯みたいなのは崩れない。
真みたいなのも崩れない。

深呼吸して
痛くないから。
[PR]
# by almarsoup | 2012-02-01 05:13 | かほりの言葉

ぱんぱかぱーん

almarsoup練習でした。
隊長のバースデープレゼントに
あきら かほり しおり
でお祝いのシールドをプレゼント。

今泉さんこと タカテル ハイッテル(インテルのぱくり)のお手製です。
ちなみに今回一番の隊長のつぼでした。

仲良しだなあ almarsoup

来年はついに5年目です。

なにか企画できたらいいなあ。とか思います。

その前に12月16日。

ぶちかますぜ。
弱虫でもできることがあるの思い知らせてやる。
[PR]
# by almarsoup | 2011-12-12 04:33 | かほりの言葉
My Boo(恋人の意)のおうちにお泊りしてきました。
何回目かのホテルリーバーサイドでの仮眠(家主がいないのに勝手に寝る)からの素敵な夜。

ジッタリ(Fooジッタリの意)もいたから、うれしくてうれしくて。
この3人はとても居心地がいいのです。

今日はケーキを食べるところから、合唱曲談話からのマッサージ大会。
体柔らかいって褒められたー(*´∀`*)


合唱曲をみんなで歌ったり、変な動画を見て笑ったりするのは
二人との居心地がすごくいいということの象徴なのです

本当におめでとう。うれしいよ。
って全力で伝えたかったけど
なんか日にちがたちすぎちゃって
照れくさくなっちゃった。
伝わってればいいな。

またね
って別れてもすぐ会えないかもしれないけど。
きっと絶対またこの3人で集まれるって確信がある。

いつまでも 絶えることなく
友達でいよう
今日の日はさよなら
また会う日まで
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-30 06:41 | かほりの言葉

忘れられた子供

君が大人になった日を ぼくはもう忘れたよ
君は唇をぎゅっと噛んで 声を出さずに一人で泣いた
どこへ行ってもいいよ という言葉が
その時の君には 自由すぎて 怖くて
君は一人で泣いたんだったね

僕が子供だったことを ぼくはもう忘れたよ
夏の終わりが寂しくて セミの死骸に土をかけて
一人でお葬式をした 暑い日のこと
その時のぼくには 苦しすぎて 寂しくて
ぼくは一人で泣いたんだった

僕らは子供だったこと
忘れてしまったけど 
無くしてしまってない

今でもぎゅっと胸の奥が
痛んだりするのは

君がいるからだよ
君のせいなんだよ
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-29 05:12 | かほりの言葉

頭どんだけ狂っても

almar soup 練習でした。
二日連続で大嫌いな営業の仕事で、話しまくりだけど『会話』をしてなくて
スタジオ入ったとたん二人におしゃべりしまくった。(わりといつもどおり)
二人は笑って聞いてくれるので、時々お兄ちゃんが二人いるみたいに感じる。
そして調子に乗る。
これこそ THE かほりクオリティ

練習が楽しい。
almarsoupの曲が好きだから
almarsoupのメンバーが好きだから
できないことができるようになってるから
曲のアレンジを自分たちでかっこいいと思えるから

あと10年後はママになってて
『ママ、普段はどん臭いけどalmarsoupのドラムのときはかっこいいよね』
とか言われる 多分。

【あと3回カポの位置間違えたらあだ名がカポになる隊長に向かってのあきらの一言】
時間の問題だ。。。

まじか。
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-28 04:34 | かほりの言葉

How about?

こう言っちゃなんですが 夢なんてない
今日に続く明日を待ってただ死ぬだけ
こういうのどうですか 愛なんてない
ただ何も持たず立ち尽くす僕の手を君が握ったんだ

そうして迎えた朝なのに
そうして隣にいるだけなのに
ああどうか明日もつづきますようにと

こう言っちゃなんですが 誇りなんてない
今日まで自分がしたことが続いてるだけ
こういうのどうですか 神なんていない
ただ何もできず立ち尽くす僕を生かしてるんだ

そうして生きてる僕なのに 
そうして隣にいるだけなのに
ああどうか君が隣に明日もいますようにと

君が言うんだ 僕に
君は言うんだ こんな僕に
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-24 05:04 | かほりの言葉

カポの位置

almarsoup 練習でした。
7連勤中につきへとへとでしたが、スタジオ前になると元気がみなぎるのは不思議。

前日に行ったホウセンカ企画がきいてたなあ。
悔しいぐらい格好よかった。
Pearl Bridgeも半年前より断然いいよなあ。(親心)
なんか胸がキュンキュンした

そんなわけで負けねえぞと意気込んでの練習でしたが。

ついにうちの『葦立』こと『隊長』もう今後から『カポ』というあだ名になるかもしれない彼が、『空ろ空』を間違ったカポのまま歌いきりました。

すごいよ(あきらが)
イントロだけ戸惑ってあとはちゃんと合わせてたからね。(違うコードで)

そんな感じでライブはぶちかませるように練習中であります。

自分で決めたこと

夢だった職業と音楽を続けていくこと

それを一緒にやってくれる仲間がいること

そんな音を聞きに来てくれる人がいること

支えてくれる人がいること

忘れちゃいけない。

幸せだって。

今日も全力だよ。
負けねえぞ。神様。
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-21 05:07 | かほりの日記

さみしいぼく

言葉が口からでてったままで 宙で雲になった
そろそろ君の乗る電車 動き出す頃だな
夕日が僕を置いてってしまって 夜は霜になった
そろそろ君の乗る電車 ついてる頃だな

道で出会った人 名前も知らない人
なんにも知らないままで 目が合って笑った
僕はくやしい

身体が僕からでてったままで 宙で溶けてった
そろそろ君の乗る電車 動き出す頃かな
夕日が僕を追い越して 夜は星になった
そろそろ君の乗る電車 追いつける頃だな

僕が出会った人 名前も知ってる人
何かを知ったかぶりして 目が合って笑った
僕はさみしい
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-18 05:06 | かほりの言葉
眠りにつく瞬間を覚えてないけど

きっと君のことを考えていたよ

目覚めていく頭の中で
無意識に流れる涙は
あたしのものじゃない

もしもあの人が一人きりで死んでいくなら
あたしも死ぬときは一人きりがいいと。
本気だったのに。

でもなんだかんだ
あたしの方が長生きするので
きっと一人きりはあたしだけなのだと

そんなことを考えていたのです。


誰もが一人きりを抱えているのに
あたしにはとても大きすぎるそれは

孤独とかそんなかっこいいもんじゃないよ。

ばいばい

またね
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-08 01:19 | かほりの言葉
松本葦立のお手伝いをしてきました。

やってる側だけど、今回の正しい世界はかっこいいぜ。
まじみんなに聞かせたかった。
あたしはきっと葦立の一番のファンだけど。

少し沈んだ気持ちを変えてくれたのはほかでもない。
かわいいかわいいちびっこ二人のおかげかなあ。

もうね。本当にすっごく可愛かった。

音楽に合わせてお尻を振る姿に。
涙がでそうだった。

あたし心のどこかで
母親になることは諦めてた。

だってあたしはいつまでも忙しくて。
担任の先生になって、40人の子と精一杯向き合ったり、
自分の部活の子と一緒に泣いたり笑ったりしたり
自分の好きな音楽をあきらめなかったり。

母親になるのは、しっかり自分の子だけを愛せる時が来たらと思ったけれど、
「うちの子」と呼ぶ子供たちが増えても
自分自身が母親になる想像がつかなくて。

でもだっこしたあの子達は余りにもいとおしくて
隊長と自分の子供に付ける名前(と信じられない最近の子供の名前)についてお話したりして。
素敵なパパとママを見て。

ああ、いつか。

と思ったんだ。
自然に。

わからないけど。そうだといいな。
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-07 01:56 | かほりの言葉

つながる道

仕事終わりに美容師になった高校3年間クラスが一緒だった友達に髪の毛切ってもらった。
彼女が見習い美容師だったとき、美容室が終わる時間まで待って、シャンプーの練習、カットの練習、ブローの練習、カラーの練習、パーマの練習。
一通り全部練習台としてこの髪を使ってもらった。

あの時はどうもありがとう。

ただで髪型を変えられることにラッキーとしか思っていなかったあたしのために
閉店の時間過ぎ、あたしの帰りを待ってほかの店員さん誰もいないのに
あたしのためだけにお店を開ける。

いつか、すごい協力してくれたかほりの髪思うとおりにやってあげようと思ってたんだ。

すごく嬉しそうに言うから、思わずにやける。
髪はサラサラになって。
春にはパーマをかけようね。って言ってくれた。

そうだ、ここは小岩だ。
あたしの大好きなMy Booがやってる素敵な沖縄居酒屋があるんだった。

ねえご飯だけでもごちそうさせてよ。
すごく素敵な場所知ってるよ。

そうしていった『こだま』でMy Booがぎゅってしてくれて。
太鼓の素敵なライブがあって
大学の後輩が「かほりさん!!なにやってるんですか!?」って
偶然の再会。

もうこの日はこう過ごす以外には考えられなかった。
帰り道にじいちゃんが肺炎で入院したって電話があって。

春になったら、パーマをかけてじいちゃんに一番にみせようって思った。
じいちゃんはカラーしてもカットしても気づかないけど
パーマだけは気づいてくれるんだ。

おう、かほりべっぴんになったじゃねえかって。
どうか、この冬が長く辛く寒く暗い冬ではありませんように。
[PR]
# by almarsoup | 2011-11-05 23:46 | かほりの言葉
出張帰りにHand Wired Garageにて今一番聞きたかった歌を聞いてきた。
アリコーン好きすぎる。
小さな親友を毛布にくるみ、(ラッピングの要領で)おいしいカフェオレを飲んで
焼きそば食べて、肉焼いて、鍋作って。
もう忙しくて、あの場所には行くこともないかなあとか思ってたけど。
行ってよかった。

次の日も小さな親友と映画見てきた。
『素敵な金縛り』
超笑った。
小さな親友とは笑いの壷がぴったんこなので、二人でけらけら笑って見た。

久しぶりにのんびりしたなあ。
でそのあとからは、いつもどおり夜練習で終電近くでかえって、早朝起きて仕事のいつものパターン。

隊長遅刻にて気がついたけど、
『素敵な金縛り』はホラー要素ゼロのオバケの映画であった。

。。。。。。。。

古いスタジオがちょっと怖かった。
でも個人練習のおかげでいい練習ができた。

隊長は常に今のあたしに満足しないので、ああ隣にいていいんだなと思う。

まだまだ
ってことは

まだまだ一緒にやっていくしか選択肢がないってことでしょう?

面白いことになりそうです。
松本葦立。

ちなみに12月16日はalmar soup ライブになりそうです
[PR]
# by almarsoup | 2011-10-31 00:42 | かほりの日記
学校帰りに“葦立withかほり練習”でした。
almar soupとは別です。
これは、アーティスト松本葦立に頼まれてのサポートドラムですから、すこぶる難しいわけです。
あーもう。
って7回くらい思った。

でもいいんだよ松本葦立。
聞いて欲しいよ松本葦立。
そうとうスパルタだよ松本葦立。

で、お腹すいたから沖縄居酒屋でソーキそば。
次の日も学校のかほり先生はラーメンなどを手早く食べるに一票だったのですが、どうしてもっていうから行くじゃん。

なにここ。素敵すぎ。
初めて会ったおじさまと恋バナしちゃった。(きゃぴきゃぴ。)

途中からたけもとまりこさん(尊敬するピアノ弾き)も混ざって
なにこれ楽しい。
まりぺ好き。

ふーこがいりびたるのも納得。
てゆうか、ここならふーこも安心(かほり先生心配症)

そういえば一瞬沖縄で暮らす未来を想い描いていたこともあったけど
浄化する心と一緒に消えてなくなってしまった。

今ではもう。
慌ただしい毎日をなんとかするしか能がないあたしですが。
音楽とそれでつながった大好きな人たちを離したりするもんか。

好きに対するパワーにだけは、自信があるんだな。

先に帰っておうちで寝かせてもらって、朝方だいすけさんが帰ってくるのをうっすら感じて、それでも次の日も学校も楽しく過ごせるあたしは、きっとすごく幸せ。

ちなみに。
だいすけさんにいっかいエルボーかまされた。

いたい∑(>д<) !!
[PR]
# by almarsoup | 2011-10-25 09:59 | かほりの日記

さよならColor

自分について考えない瞬間は
きっと一番
自分
なのかもしれない。

誰かを想いすぎて一人布団をかぶって泣くことがなくなった。
あたしの中身から確かに何かを無くしていったのに。
満たされているように感じるのは
あたしという器が狭くなったのだろうか。

それでも構わないと思えるほどに。
日々誰かを思って、汗水流して、へとへとになって、眠る日々です。

あたし相応の生活だ。
恥じることはない。

そのまんまであたしだよ。
[PR]
# by almarsoup | 2011-10-11 05:07 | かほりの言葉

叩くことをやめない理由

10月1日almar soup半年ぶりのライブでした。
加えてかほり先生は10月2日も佐々木まな美バックドラムでライブだったわけですが。
今回はスペシャルサポーターまさやさん(通称:まさやん)を迎え
almar soup一同マックスハイテンション(不本意ながらAKB)でした。
4人での活動は2ヶ月弱くらいしかなかったはずなのに、すごく居心地が良かった。

ライブ中はもう幸せすぎて泣いたり笑ったり嬉しい哀しいをドラムに込めることができたかなと思います。
見ていてくれるalmar familyたちの顔がキラキラで。
涙がでそうだった。
終わったあとにしおりとまさやんの誕生日をお祝いして。
幸せなバンドだなあと強く感じた。

気づいたらもうalmar soupも5年目です。
Mr.Itachi とあたしは6年目の付き合いです。
二人きりで始めたalmar soupだけれど、いつのまにいろいろな人に支えられて
あんなに素晴らしい空間を生み出せるようになったんだなあ。

今回お客さんにドラムをすごく褒められて、今まで褒められた中で一番嬉しかった。

松本葦立と同じ呼吸をして、彼の表現したいことの可能性を広げるドラムを叩けている。
そうしてアコースティックの松本葦立とはまったく別のalmar soupというアーティストを生み出しているのはあなただ。
あなたの代わりはいない。
松本さんは幸せだ。

とその人は言った。

ああ。それは。
あたしが一番目指していたもので。
きっとこれからも続いて行くんでしょう。

呼吸が続く限り。

あたしはドラムでご飯を食べていこうとは思っていない。
かと言って「趣味」というつもりでドラムを叩き続けているわけでもない。

あたしが一緒に呼吸をしていたいと心から思ったアーティストは二人。
松本葦立と佐々木まな美
彼らの可能性を広げる 一番の理解者でありたいと思う。

そういうドラムを叩きたいと思う。

泣き虫だけど、負けねえぞ。
Sir.Distiny
[PR]
# by almarsoup | 2011-10-03 05:12 | かほりの言葉

あたしの音

15連勤が終わった。
最後になればなるほど忙しくなるという意味がわからい状況。
勤務時間は最高14時間くらい

ダンス部も軽音部も三年生は文化祭までで引退。
初めて顧問として「うちの子」と呼べる子達。
あたしの数少ない技術を振り絞って、踊ったり叩いたり歌ったり、一緒に頑張ってきた子達。

でもあたしは「生徒会課」にも属しているから、この一週間思うように部活に出れてあけられなかった。

ペンキ塗りや手形あーとをやりながら、早く部活に行きたいとそればかり考えていた。
生徒会の子だって実行委員会の子だって。毎日泣いて笑って、一生懸命で。

同じように可愛いのだけど、やっと出来るようになったあたししかできない仕事に戻りたくて仕方がなかった。

前日だっていうのに、部活に全然でれなかった。もやもやしていた。

実行委員会の背が高くて細い男の子。


何の気なしに
「あの子細いねー」と同僚に言うと。
同僚が声を低くして、あたしの耳元で小さな声で言う。

「病気なんだ。」
「二十歳まで生きられないって本人も周りもわかってる」

「でもそれを、気にしないで暮らそうって本人もクラスのやつらもそう決めてるから」


そういえばいつも行事のたびにひときわ目立つ素晴らしい働きをするその子のことをあたしは知っていた。

お調子者でたまに
「せんせーかわいいっすねー」ってからかってくるその子は。

学校行事のたんびに自分に出来ることを本気で頑張っていて、からだの内側に重いものを抱えている素振りさえ見せなかった。


でも、よく考えたら。
体育祭の日彼は一日中放送でアナウンスをしていた。

「赤組はやいっ驚異的な速さです!!」

「白組もう少しです。頑張れ頑張れ。」

頑張れ頑張れ。

今日もニヤニヤ近づいてきて

「文化祭とかいって、ダンスもドラムもできる先生のためにあるような日ですね。顔がアレだから、せんせーに見えないけどね」と笑った。

あたしは怒ったふりをして、
「ただの童顔ですし、お前らに主役譲るよ」とすねたふりをした。
泣いて泣いて文化祭を終えた。

その間あったalmarsoup練習で遅刻をした。
隊長に説教された。
全く反論する気になれなかった。
この人はあたしを対等で見てくれていると思った。


そんな思いで迎えるライブが10月1日。
代々木ザーザーズー。

あたしの音を必要としてくれている人がいるんだ。
[PR]
# by almarsoup | 2011-09-20 23:21 | かほりの日記